借り換えローンおすすめ

借り換えローンでおすすめなのは?

借り換えローンは専門的な感じがして、手を出しにくい雰囲気がありますが、実際は手続きは非常に簡単です。

 

新しいローン(借り換え先)から融資を受けて、古いローン(借り換え元)を完済すれば終わりです。一時的に借金(負債)が2倍になりますが、きちんと完済(借り換え)すれば、また元の借入残高になるので心配はありません。

 

では、借り換えローンをする場合、どこに申込めばいいのか?これについてですが、借り換えローン専用のカードローンも一部ありますが、宣伝はほぼフリーローンの広告しかないので、どこのカードローンが借り換えローンに対応しているのか?まずは知る必要があります。

実はどこのカードローンでも借り換えはOK?

借り換えローン対応と聞くと、難しく聞こえますが、実はどこのカードローンでも借り換えローンは大丈夫です。と言うのも、自分自身で新しいローンを借りるのに誰の許可も必要無いからです。

 

ただ単純にもう1つローンを借りて、もともと借りていたローンを完済しただけの話だからです。

 

借り換ローンがややこしくなるケースは、総量規制が関係してきた場合でしょう。総量規制とは年収3分の1までしか貸付禁止としている貸金業法で、借り換えローンは一時的に負債が倍になるので、年収3分の1を超える人も中には出てきます。

 

その場合消費者金融では総量規制例外貸付として融資しなければならず、必ず借り換えすることが絶対条件であり、もし借り換え(完済)をしなかった場合、契約違反となり分割での返済ができなくなることもあります。

 

ややこしいのは嫌だ!と思う人は銀行カードローンで借り換えローンをするべきでしょう。銀行は総量規制対象外となりますので、年収による規制がありません。

 

その為、総量規制例外貸付など行う必要もありませんので、そこまでうるさくはないのです。

借り換えローンで選ぶならこの2社が圧倒的に低金利!

借り換えローンを選ぶなら、三井住友カードゴールドローンか、東京スター銀行のりかえローンが最も低金利と言えます。2社に共通して言えることは、どちらも上限金利が9.8%で最初から1桁台の金利になっていることです。

 

特に東京スター銀行は借り換え専用ローンなので、借り換え初心者で不安に思っている人でも安心して申し込めるメリットがあります。

 

一方、三井住友カードゴールドローンは、銀行では無くノンバンクの貸金業者にも係わらず、この低金利は圧倒的です。しかし、2つ共に言えることは、ここまで低金利なローンはそれだけ審査が厳しいと言うことです。

 

金利とはリスクの度合いを数字で示しており、9.8%のローンを借りれる人は、それなりの年収や勤続年数が必要となってきます。もちろん、借入残高も審査に大きく影響しますので、数社借りている人は審査に通りずらいでしょう。

 

もし、上記2つとも審査に通らなかった場合は、メガバンクのカードローンか、りそな銀行、イオン銀行あたりが低金利となります。しかし、東京スター銀行と三井住友カードゴールドローンに比べると、3%〜4%違ってきますので、やはり審査は厳しくてもどちらかのカードローンに一度お申込みしてみた方が良いでしょう。

 

銀行カードローンは、オリックス銀行が人気上昇中ですが、オリックス銀行は借り換えよりも、おまとめローンとして利用した方がメリットが高いです。

 

単純に100万円未満は金利12.0%〜17.8%になっていますので、最低金利でも12.0%で、その最低金利で借りるには審査がなかなか通りずらく、結局17.8%の金利で審査結果が出ることが予想されます。

 

おまとめローンは金利以外にも一本化できることで多くのメリットがありますので、おまとめローンとしてオリックス銀行へ申込みするのは問題ないでしょう。