借入・返済に便利な提携ATMの多いプロミスとアコム

借入・返済に便利な提携ATMの多いプロミスとアコム

返済の画像

近年の消費者金融におけるキャッシングはインターネットによる振込キャッシングができるようになったため、有人店舗の有無やATMの設置場所が関係なくなっています。振込キャッシングは手数料が掛かりませんし、銀行のATMから引き出せば利用料を取られません。

 

ただ、公共料金やクレジット代金の口座引き落とし用のお金として振り込んでもらう場合は便利ですが、現金が手元に必要な場合は、銀行のATMまで行かなければなりません。

 

登録してある銀行の支店が近所にあれば問題ありませんが、近場にないような場合は他のATMを利用するしかありません。

 

それを考えると、やはりより多くのATMと利用提携している業者からキャッシングをした方が得策です。利用できるATMの多さの点で言うとプロミスとアコムが抜き出ています。

 

まず、プロミスとアコムは自社のATMを数多く持っており、両社とも約1,100台のATMがあります。当然、利用手数料は掛かりません。消費者金融で1,000台以上の自社ATMがあるのはこの2社だけです。

 

そして、提携ATMの数も両社は非常に多くなっており、両社ともメガバンクの東京三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが利用できます。なお、大手消費者金融ではモビットも2行のATMが利用できますが、アイフルは三菱東京UFJ銀行だけで、ノーローンはメガバンクのATMが利用できません。

 

ちなみに、メガバンクのみずほ銀行と提携している消費者金融はありません。

プロミス・アコムともにコンビニATMと提携しているのが大きな強み!

ところで、銀行のATMは18時以降や土日曜に利用すると手数料を取られるところが少なくないため、その時間帯に引き出す場合は登録銀行に振り込んでもらう意味が無く、近所にあるコンビニATMを利用した方がよほど便利です。

 

提携しているコンビニに関しては、プロミスとアコム両社共セブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス、ミニストップ他)があります。従って、全国にあるセブンイレブン約17,000台、ローソン約9,500台、Enet約12,000台のATMが利用できることになります。

 

両社はその他、イオン銀行やセゾンカード、地方銀行とも提携しており、日本全国どこにいても借入に手間取ることがありません。なお、借入ができるということは返済もできるということにもなります。ちなみに、プロミスの場合はローソンとミニストップにある「Loppi」や、ファミリーマートにある「Famiポート」などのマルチメディア端末を利用して返済することができます。しかも、手数料が無料です。

 

両社のキャッシングは生活リズムにスムーズに溶け込むことが可能です。プロミス・アコムともに、提携ATMは多いのですが、手数料が有料となっています。プロミスの場合は、三井住友銀行は終日無料となっていますが、アコムは無料の提携ATMがありません。

 

総量規制対象外のカードローンであれば、提携ATM手数料は無料なところが多く、それが銀行と消費者金融の大きな壁とも言えます。ATM手数料は金利に計算すると非常に高いので、できることなら総量規制対象外の銀行カードローンで借りることをおすすめいたします。